投げ釣りなら 場所にもよりますが 2本3本と 並べて釣った方が 効率的です。 

ガイドに ラインを通して 仕掛けをセットします。

延べ竿なら、 竿に ラインを結んで 仕掛けをセットして準備完了。

    * ハゼ釣りの仕掛け図 参考はこちらにあります





 餌は、 ゴカイ 青ジャムシ イソメ ミミズ などですが、 よく使われるのは ゴカイ 青ジャムシ です。
 
刺し方は 頭の硬い部分に ちょこんとかける <チョンガケ> や 針に沿って ハリスの結び目くらいまで通す <通し刺し> が 普通です。 

1匹付けて使う場合 や 2cmくらいで切って使う場合 などがあります。 状況で 変えますが 食いがよい時は切って使ったり 食いの悪いときは 小さめのを1匹ごと付けて使たりします。

また 遠投する場合は 1匹つけると 投げるときに切れてしまったりするので、あらかじめ短めにしておきます。





ハゼは 岩 や 杭・ 垣棚 といった 障害物の 近くにいることが多いです。それらしい所に 仕掛けを入れてみましょう。まず 投げ釣りの場合ですが、仕掛けを投げ込んで 糸フケをとり 少しだけ 仕掛けを手前に ひきずって、ハリスを張っておきます。 アタリが出やすくなります。

1分2分待って アタリが出なかったら サビいて 誘いながら 仕掛けの位置をずらします。 この繰り返しで アタリの出るのを待ちます。

ハゼは 大概 1尾いれば 近くに何匹か居ます。 アタリが出たら 他の針にも 喰うように 少し待てから上げるとダブル・トリプル で 釣れます。

次に 延べ竿ですがの場合ですが、やはり ハゼの居そうなところに 仕掛けを振り込みます。

オモリが底に着いたら、 オモリで コツコツ と 底をたたいたり、ふわふわと餌を浮かせたりして ハゼを誘います。

アタリがなければ そのまま 少しづつ 仕掛けの位置をずらしていったり、一度上げて違う場所に振り込みます。

アタリが出たら、アワセますが、少しの間 底近くで 暴れさせて見てください。 仲間のハゼが 近寄ってくる ことがよくあります。

近くに ハゼが集まってくると 同じところへ振り込んで すぐ次のアタリが来て これが しばらく 続くことがあり、数が伸びます。





ハゼの取り込みは 抜き上げです。 タモなど使わず どんどん 釣り上げて 次の投入をしましょう。

魚も小さいですし、口も硬い魚なので めったに 切れたり 外れたりしません。





釣れたハゼを 手早くハリから外し、 餌を確認して、 すぐに同じ場所近くへ 仕掛けを入れましょう。




ハゼの場合 船釣りならイケスへ 陸釣りなら バケツ やクーラーへ いれます。 イケス や バケツ に入れるのは、生かしておくためですが、 弱ったり 死んだりしたら すぐに 氷の入った クーラーへ 移しかえましょう。

 


 
  
mail
前に戻る
Copyright(c) 2009  ハゼ釣りのホームページ All rights reserved.